読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライブレポ女王蜂×minus(-)

〈女王蜂 VS minus(-)〉蜜蜂ナイト~掛け算♡引き算~

@恵比寿リキッドルーム 2016.2.7

 

minus(-) SETLIST

No.9

RZM

No.6

Maze

Descent into madness

No.4

Peepshow

Dawn Wards Falling

 

 

女王蜂 SETLIST

ヴィーナス

スリラ

デスコ

売春

告げ口

Ψ

空中戦

コスモ

鉄壁

 

アンコール

愛の讃歌 (ボーカル:アヴちゃん ピアノ:森岡賢)

 

 

minusはチャンスがあればまた見たいと思ってたけど、初めて見たのが結成したばっかりで、まだCDも出てない時で、今回2回目。もう、かっこよすぎて、なんと言っていいか。22のワンマンとどっち行くか迷って、こちらに来たけど、ワンマンも行こうかなってくらい、かっこよかった。

 

モリケンさんが黒のマトリックのコートみたいな衣装で、最初、上手の白い服の人がマキ様かと思って、今日は衣装が白黒かぁ、マキ様女の人みたいと思ったら、シンバル見えて、あ、サポートドラムの女性だったwwって気づいて。じゃあ、マキ様はどこに?って思ったら、スモークの先に、うっすらとセンター後ろに佇んでました(笑)しかも、全身黒で、黒いベールみたいのしてて、顔は全然見えないし、未亡人みたいだったね、って、後で、写真見たら、蜂の巣除去の人みたいだった(爆)「女王蜂だけに…」「え、そういうこと?(笑)」と、一緒に行った人と話して(笑)一緒に行った人も、あまりにぼんやりとしかマキさまが見えなくて、何かスクリーンに投影されてるのかと思った、って言っててwww実体はそこにはないwwwなんかでも、そのうちあり得そうだよね、って。プロジェクションマッピング的なのとかで。

 

モリケンさんは麗しさオーラ全開で、結構序盤に、軽々とステージ降りたりするし、いっぱい踊ってました。

ドラムもかっこよかった。

前半は「D」の曲が中心で、後半「G」の曲が多くて、ヒートアップしていく感じ。

個人的に「D」の方が好きなんですけど、もうほんとに、音圧というか、グワンッと来る感じが(説明不能)最高すぎるから、絶対一度、ライブで体感した方がいい。

マキさまは一言もしゃべらずに、モリケンさんが「こんばんは。マイナスです。たのしんでいってください」(すんごいエコーかかってて、超スペーシーw)くらいしか言わなかった(なんか、その時、マキさま人差し指だけ振ってたんだけど、あれ、何ww)けど、楽しくて、あぁ、もう来てよかった、絶対また観たいって思ったので、ほんとに、友達に絶賛おすすめします。

 

 

女王蜂は、一回見てみたいなと思ってて、初めて見ました。見たいっていうか、ほんとに、あの声、どうなってるの?!って思って。初めて聴いた時、ツインボーカル?って思って、一人の人が出してるって、にわかに信じられなくて。

でも、ほんとだったwすごい。願わくば、もうちょっと声量があったら、と言ったところだけど、スタイル抜群だし(ミニスカート姿かわいい、脚キレイ)存在感のあるボーカルさんでした。

自分が歌えるくらいよく知ってるのは「ヴィーナス」だけだったので、それが1曲目に、きてしまった時点で、おぅ、もう、あとはたぶん知らない曲がほとんどだけどノリで乗り切ります(汗)みたいな感じになりましたが、ちょっとは予習してきたので、タイトルわからずとも、あ、聞いたことある、ってのもあって、楽しめました。

 

お休みする前に、カリガリと対バンして欲しいバンドでよく目にするなって思って聴いた時は、正直ピンと来てなかったんだけど、復活してからの方が好きで。ファンがジュリ扇で踊るのも初めて知って、あぁ、そういうのもカリガリとリンクするのね?と。でも多分、一番言われるのは「告げ口」なんだろうな?って。「あーららこらら先生に言ってやろ」がカリガリにもあるけど、「告げ口」も、そういう詞があって、しかも世界観が結構グロいというか、ドロッとしたものがあって、あぁって。この曲の前に「これで踊ったら、楽しいと思うの」って言ってて、正直ビビったけどw これで?!って(笑)

私は「売春」も好き。「空中戦」も良かったな。

他のメンバーは黒い服で、アヴちゃんだけ白い服で「紅一点っていうのの逆をやろうと思って、一人だけ白にしたんだけど、minusのサポートドラムのFLiPのYuumiちゃんと被っちゃった」って言ってて。

 

「今日はminusさんの胸をお借りして、普段イベントではやらないような曲を、あえてチャレンジでやらせてもらいました」ということで、確かに、イントロが流れたら、どっと歓声が沸くような曲もあって、なかなか貴重なセトリだった模様。

そして、アンコール「最初は、私も、ジュリアナ、フゥーみたいな、みんなでアゲアゲみたいな曲をやろうと思ってたんですけど、どうしても私がチャレンジしてみたいことがあって、その夢をかなえさせてもらうことにしました。なので、女王蜂からは、私しか出てきません。」

「そして、この夢を叶えてくれる方をお呼びします、もうおわかりですよね?ピアノを弾いていただくminusから森岡賢さん」

頭にチュールのヘッドドレスをつけて、コルセットでキュッと絞られた光沢がすごいキャットスーツみたいので出てきて、一同、どよめき(笑)ちょwwwwえwwwwww

アヴ「ざわめくなwwwまぁ、ムリか」

ムリですwww

アヴ「私も、ピアノだけで、独りで歌うの初めてなんですけど、森岡さんも、そういうのほとんどやったことないんですよね?」

モリケンさん「初めてかも」

アヴ「おぉ、じゃあ、ほんとに貴重な…これをやることで、また私自身も新しいステップを踏み出せる気がするし、前置きはいいかな、聴いて、何かを感じ取ってくれたらいいなと思います。聴いてください「愛の讃歌」」

最初の方、セリフで、ミュージカルみたいだったけど、歌になって、これは、ほんとに貴重ないいものを見てしまった感がすさまじい。そして当たり前なんだけど、モリケンさんピアノ上手。当たり前なんだけど。上手だし、弾いてる姿の美しさというか、あふれ出る気品とかが半端ない。けど、キャットスーツwwwww

 

動員的に、フロアの後ろの方とか、かなり余裕あったけど、なんか、え、凄いもったいないくらいいいもの見れたんですけど、こんな対バンなかなか見れないですよ、ということを終わってからお伝えします。

女王蜂の物販も結構かわいくて、ファンの人が履いてたタイツとか、ゴートよりかわいかった←